STRUCTURE 構造

高品質な住まいに欠かせない安全と信頼性
強固な地盤と、安全性の高い構造躯体
数多くの物件に適用され実績のある免震構造

安全性を高めた躯体構造

躯体構造|M.M.TOWERS FORESIS
『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』は、地震時の地盤の液状化現象を防ぐため地盤改良を行い、これまで数多くの物件に適用され、地震の被害の軽減に実績がある免震構造が採用されています。また、柱や梁などには、高強度コンクリートが採用されているため、建物の耐久性が高められています。

免震構造

免震効果概念図|M.M.TOWERS FORESIS
一般的な耐震建築は、地盤に杭を打ち、基礎をつくり、その上に建物を固定しているため、地震が直接伝わってしまいます。『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』では、大きな地震に備えて、建物の基礎部分にゴムと鋼板を交互に重ねた積層ゴムとダンパーなどの免震装置を配置した免震構造が採用されています。平常時は建物をしっかりと支え、地震時には水平方向に大きく変形して地震をしなやかにかわすため、大地震のときも建物はゆっくり横揺れし、地震の衝撃による被害を最小限に防ぐための構造になっています。

ダブルチューブ構造

ダブルチューブ構造概念図|M.M.TOWERS FORESIS
『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』は、免震構造の採用により、住戸中央部に柱や梁が出ない、すっきりとした広い空間を実現しています。耐震等級において最高等級である等級3※の性能を保持するとともに耐風性能を向上させるために、柱・梁からなるフレームをチューブ状に建物外周部と内周部の二重に配置する架構方式のダブルチューブ構造を用いて、各フレームが外力に対して立体的に抵抗することで、上部構造の剛性と耐力が十分に確保できるようになっています。
※耐震等級は、設計性能評価書によります。

積層ゴム

積層ゴム|M.M.TOWERS FORESIS
積層ゴムとは、ゴムと鋼板を交互に重ね合わせた(積層した)もので、鋼板によりゴムのはらみ出しを抑えているため、通常時には建物の荷重をしっかり支え、地震時にはその荷重を支えながら水平方向に大きく変形できる仕組みになっています。『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』では、天然ゴムからなる天然ゴム系積層ゴムと、内部に鉛を内蔵したダンパーの役目も併せ持つ鉛入り積層ゴムが採用されています。

ダンパー

ダンパー|M.M.TOWERS FORESIS
免震装置の中で、振動エネルギーを吸収し、建物の揺れを素早く抑える役目を担うのがダンパーです。『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』では積層ゴムに内蔵されている鉛の他、鉄からできている鋼棒ダンパーとピストン状のオイルダンパーが設置されています。いろいろな種類のダンパーが組み合わさることで、様々なタイプの地震動に対して、免震効果が十分に発揮できるよう調整されています。

プレキャスト積層工法

柱や梁などは、高強度コンクリートを使いあらかじめ工場などで製作し建設現場で組み立てるプレキャスト積層工法が採用されています。これにより、各部材の精度が良くなり、品質の高い建物をつくることが可能となっています。

二段階の地盤改良

『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』の建設地では、第一段階で埋め立て時にサンドドレーン工法により、地盤沈下が進まないよう地盤改良が行われています。さらに第二段階では液状化への対策として固結工法による地盤改良が行われているため、より強固な地盤となっています。

耐震等級3

『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』は、住宅性能表示制度の耐震等級において最高等級である「等級3」を(株)都市居住評価センターの構造安定性等試験委員会において審査を受け、性能評価書を取得しています。病院や消防署など災害時に拠点となる場所と同等の高い耐震レベルになっています。

チェックアイズ

『M.M.TOWERS FORESIS(M.M.タワーズ フォレシス)』は、お客様の安心のために、国土交通省指定評価機関による「設計住宅性能評価」の項目に加え、施主独自の  <チェックアイズ>という品質へのこだわりのもと、建てられています。計画・設計段階からお客様のご入居後までを見据えた、さまざまな視点でのこだわりが、住まいの品質を創造しています。
※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。